自分にとって「あったら便利」が選ぶ基準

自分にとって「あったら便利」が選ぶ基準

 

どんな家具や家電であっても、選ぶ基準になっているのは

 

「あったら便利」

 

になるのではないでしょうか。

 

たとえばの話ですが、あまりおかずの温め直しや冷凍したものの解凍、ケーキなどを手作りしないご家庭にオーブンレンジは不要な家電になりますよね。

 

美容家電も同じです。

 

長いまつげを持っていても、なかなかビューラーだけではカールできないのであれば、ホットビューラーは非常に便利です。でも長くてカールしたまつげの方には意味がありません。またまつげが濃い上に長く、そこに定期的にまつげパーマをかけているなら不要になってしまうでしょう。なくてもいいなら、買うべきではありません。

 

そういう基準を自分なりに持って、「あったら便利」を考えて美容家電は選ぶと失敗したり、持て余すことがなくなります。

 

 

自分なりの選ぶ基準を設けて置くべき

 

 

ですから、化粧品を使った普通のスキンケアでは満足できないのであれば、美顔器は大活躍してくれます。ところが、まったくそうではない場合、その美顔器を持っている満足感だけしか与えてくれません。

 

そのため「あったら便利」を重視して、不要なものは買わないというように、自分なりの選ぶ基準を設けて置くべきなのです。

 

この選ぶ基準を自分なりに設けてから、美容家電を買うようにすれば、持て余すことになりません。

 

たとえムダ毛が薄くても、脱毛器でのお手入れを1回しておけば、1シーズンすべすべの肌でいられるなら、無駄にはならないですし、不要だと言い切れません。

 

そういう自分の作った美容家電に関する基準に自信を持ちましょう。「あったら便利」こそが失敗しないコツなのです。