毎日を楽しくさせてくれれば合格

毎日を楽しくさせてくれれば合格

 

美容家電は

 

「あったら便利」

 

そして

 

「自分でできることならいらない」

 

が基本にあります。

 

ただし使っているとき、楽しいと思えるものであれば、使用頻度が低くても、十分、合格です。毎日のお手入れで煩わしいと思ったら、どんなに便利であっても、残念ですが不合格です。

 

言い換えていけば

 

「使っていると楽しい」

 

という、ある意味、おもちゃ的な感覚がないと、美容家電は生きてこないのです。合格点を取っている美容家電は効果が満足できるだけではないのです。

 

たとえばホットカーラーは、意外と使いこなすのが面倒で、手間暇もかかりますよね。でも巻いているとき、楽しいと感じたり、髪の仕上がりに満足感を覚えられるから、巻き髪愛好家にとっては、ホットカーラーは最大のおもちゃなのです。

 

 

惰性で使っていると、効果が実感しにくくなる

 

 

実際に「使っていて楽しい」という部分がなければ、使うことは苦痛になったり、面倒になってしまいます。でも楽しいと思えれば、さほどその面倒さを感じません。むしろ手間が楽しいと思えるはずです。

 

惰性で使っていると、効果が実感しにくくなるのも美容家電です。そのため使っていることで、自分が楽しさを感じられ、しかも手間暇も「面白がれる時間」であったら、十分、その選んだ美容家電は合格なのです。

 

あくまでも美容家電は、生活を豊かにし、うるおいを与えてくれるものです。それが多少、面倒なものであっても、使っている方が満足できて、楽しさを感じられるのであれば、十分、役立っているものです。

 

そういう自分を「楽しくさせてくれる」美容家電を見つけましょう。