「自分でできる」ものは頼らなくてもいい

「自分でできる」ものは頼らなくてもいい

 

ネイルサロンでお手入れしたり、ネイルカラーのチェンジをしたり、ネイルアートを行ってもらうという方もいる反面、いささか手間暇と時間のかかる、こうした爪の手入れをじっくりと自分で行うことが最高の贅沢、という方もいます。

 

爪の形を整えたり、表面をなめらかにしたり、ネイルカラーを考え、ネイルアートのデザインを考えるのが楽しいという方が、そういう時間が自分のストレス解消になっていることも多くあって、時間をかけても、面倒ではないのです。

 

こんな風に自分自身で行うセルフケア自体が非常に楽しいという意味もありますが、自分を上手にかまってあげる時間を作っているという余裕が逆に自分をリラックスさせたり、気分を一新させるわけです。「自分でできる」ということは、そういう楽しみも与えてくれるからです。

 

そういう「自分にかまける」というセルフケアの時間を楽しめて、自分の手でのお手入れで十分満足できているなら、実は美容家電は必要にならないことも多くあります。

 

 

結果に不満がない場合、美容家電は不要

 

 

「自分でできる」というお手入れなら、結果に不満がない場合、美容家電は不要です。美容家電があることで、手間暇や時間が省けても、仕上がりがきれいでも、心では物足りなさを感じていたら、正直、無駄になると言っても過言ではありません。

 

美容家電はあれば非常に便利ですが、自分のお手入れを自分の手で楽しみたいという場合には、さほど意味を成すことにならないという面があります。「自分でできる」ことは、自分で済ませてもいいのです。

 

時間が早く済んで、しかも仕上がりが良くても、自分が不満足では意味がないのです。

 

セルフケアでまかなえるのであれば、またセルフケアでのほうが自分の心が満足するのであれば、美容家電がなくても十分、充実した自分のお手入れをできます。