自分の肌と相性のいい美容成分を

 

いろいろな美容成分が今は出回っています。

 

そこで問題というか、悩みになるのは、どれが効くのか、ではないでしょうか。

 

実は日本は世界一化粧品に配合する成分の安全基準が厳しい国です。ドラッグストアなどで販売されているプチプラコスメも、その厳しい基準をクリアしている安全性の高いものです。

 

ですからどれも効くというか、肌には問題がありません。

 

でもどの成分が良いのか、という問題に多くの方は悩まされてしまいます。それだけ美容成分も多いから、どれがいいのか悩むのです。

 

ヒアルロン酸やコラーゲン、セラミド、天然保湿因子など、保湿効果の高いものはたくさん出回っていますが、どれが一番と言い切れない部分も大きいのが肌なのです。

 

ですから使ってみて、自分の肌が快適で、しかも丈夫になっているのであれば、その美容成分との相性がいい、と判断してもいいですね。

 

 

価格ではなく、相性がモノを言う

 

 

ヒアルロン酸やコラーゲン、セラミド、天然保湿因子は本来体内にある成分ですが、やはりスキンケアとして使う場合、相性も大きく効果を左右します。

 

そのため「セラミドが良い」という肌のタイプもあれば、「コラーゲンのほうが良い」という肌タイプもあるのです。

 

丈夫な肌を育てる秘訣は自分との相性がいい美容成分を上手にスキンケアに取り入れていくことです。似合う服を選ぶ感覚に近いともいえます。

 

なお価格の高い化粧品は、それだけ使用している成分の質が高く、そのため原材料が高いため、価格も高くなります。しかしながら安くても自分に合っているものであれば、十分に丈夫な肌に育てることができます。

 

価格ではなく、相性がモノを言うのです。今の自分との相性のいい美容成分を選んでいくことで、健やかで美しい肌に育てることができるのです。

 

もっと自分を信頼しましょう。