丈夫な肌に育てる美容成分

 

多くの方のスキンケアのステップは、クレンジング→洗顔→化粧水→美容液→乳液あるいはクリームとなっているでしょう。

 

クレンジングと洗顔はメイクや汚れを落とすためのものなので、基本的に美容成分を配合していても、洗い流されてしまうので意味はありません。

 

化粧水や美容液、乳液、クリームに配合されているものが、肌を丈夫に育ててくれるというわけです。

 

そこでおすすめの美容成分で肌を丈夫に育ててくれるものは、となりますと、あれこれ多くありますが、効果的で、しかも回復も行えるものをご紹介しましょう。

 

まず化粧水であれば、おなじみのビタミンCです。ビタミンCは美白効果で有名ですが、肌にちゃんと行き渡っていくと、肌の弾力性を支えてくれるコラーゲンの生成を促します。すると肌の回復が行えるのです。

 

美容液ではセラミドがおすすめの美容成分です。セラミドは肌の表面だけではなく、深くまで浸透し、十分な保湿効果を得られます。すると丈夫な肌に回復させられます。

 

乳液やクリームならビタミンAの一種であるレチノールは肌を再生させる効果が高く、甘草エキスであれば炎症を抑え、肌を回復させてくれます。

 

これらは目安ですが、丈夫な膚に育てることが目的であれば、この代表的な美容成分を目安に成分表を見て選ぶといいですね。

 

 

サンプルでお試し

 

 

肌に合うかということを考えて選ぶことも重要になっていきます。ただビタミンCは多くの肌タイプの方に合います。またビタミンAの一種であるレチノールはアンチエイジング効果を狙う方におすすめで、しかも肌への刺激はレチノールに変えられているとぐっと低くなります。肌荒れを起こしやすい方には甘草エキスはぴったりです。

 

まず新しく基礎化粧品を選ぶ際には、サンプルでお試しいただいて、翌朝に肌が異常を起こさなければ問題なく使えるはずです。

 

肌が弱い方が丈夫に育てるためには面倒でもサンプルを試してからのほうが良いですね。