肌を慈しむ感覚を大事に

 

ついクセがついていて、やってしまいがちなことに、「こする」があります。この「こする」というクセは丈夫な肌に育てることを決めたなら、治さなければなりません。

 

たとえばクレンジング剤をついこすりつけてしまう、洗顔中にこすって洗ってしまう、洗い上がりの顔をこすり拭きしてしまう、こういうことはすべてNGです。

 

やはり肌は引っ張られたり、こすられると、弱くなってしまいます。それではいくら丈夫な肌に育てるスキンケアや生活習慣、食習慣を守っていても、追いつかなくなってしまうでしょう。

 

まず命と肌は取り換えができないことを、もっと認識しておくべきです。

 

そこで重要になってくるのは、「慈しむ」という感覚です。この「慈しむ」という感覚をスキンケアで生かしていけば、丈夫な肌へと無事に育てることができます。

 

すると自分の肌の扱いも変わってくるでしょう。

 

クレンジングでは撫でるように汚れを浮かせ、洗顔も泡でふんわりと落とし、すすぎも丁寧になるでしょう。またタオルで顔を拭くときも、水分をタオルにそっと吸い取らせるように行うようになれます。

 

 

優しく扱うことが重要

 

 

 

まず自分を苛酷な方法で痛めつけるのではなく、自分を「慈しむ」時間を作ることでも、スキンケア事態も丁寧に行う時間になるでしょう。この感覚がないと、丈夫な肌に育てるバランス感覚は養えません。

 

外気の刺激に耐えている肌を大事にしてあげる、という考え方をしてもいいでしょう。それだけ自分では無意識なところで、自分の身体や肌は過酷な状況に耐えているのです。

 

だからこそ、慈しんであげる時間なり、お手入れの際にも優しく扱うことが重要になるのです。この考え方をベースにスキンケアを行うようにしていくと、美容成分の効果も出やすく変わります。

 

まず自分しかできないことは自分で実行しましょう。