自分の肌の弱点を知ろう

 

ノーマル肌であっても、肌の弱点はあります。皮脂にかぶれやすい、ニキビが些細なストレスでできてしまう、ちょっとだけの手抜きで乾燥してしまう、部分的な乾燥が気になる、シミができやすい、などなど、少し考えただけでもたくさんあるものです。

 

その弱点を上手に補うことも、丈夫な肌に育てるスキンケアになります。いうなれば肌の弱点をフォローするといってもいいでしょう。

 

ある方にはノンコメドジェニック(ニキビのできにくいオイルを使用しているという表示)の基礎化粧品が強い味方になりますし、ある方は目元専用のクリームや美容液、美容オイルが強い味方になるでしょう。

 

つまり自分の弱点を補う反面、丈夫に育ててくれる基礎化粧品は個人個人違ってくるのです。メイク用化粧品なら発色が変わるくらいですが、基礎化粧品の場合、個人差は肌のコンディションに出るからです。

 

クレンジング剤に関しても、オイルタイプが向いた肌もあれば、クリームタイプが向いている肌もあります。そういう見極めを上手に行うことも、丈夫に肌を育てる大きなポイントになるのです。

 

 

どういうスキンケアのステップが自分向きで弱点を補うか

 

 

また肌になじむように使える基礎化粧品が向いているか、保護膜になって守る基礎化粧品が向いているか、という肌タイプの違いもあります。

 

そのためとことんまで自分の肌の弱点を補ってくれるのは、どういうタイプになるのかを追求していくこともおすすめです。

 

丈夫な肌に育てるためには、自分への手間を惜しむことは避けなければいけません。肌が強くなっていれば、些細な刺激やストレスにも負けませんし、かなりトラブルを回避できます。ですから将来の肌を育てていく感覚を持って、スキンケアを積み重ねていくといいですね。

 

どういうスキンケアのステップが自分向きで弱点を補うかを考えることも大事です。