週に一度のピーリングで肌を強化

 

丈夫な肌と考えると、肌の表面にある角質層が分厚いと考えがちですが、この角質層が分厚くても、薄くても肌は弱くなってしまいます。

 

分厚くなれば美容成分の浸透が悪くなり、肌内部の組織も弱くなってしまいます。薄い場合は刺激に弱くなり、やはり丈夫な肌ではなくなってしまうのです。

 

そこで丈夫な肌に育てる方法に組み込みたいのは1週間に一度、ピーリングを行うことです。肌の表面の古い角質を落とすピーリングを行うと、肌がすべすべになるだけではなく、肌内部のコラーゲンの生成も促進され、肌の弾力性が回復します。

 

この肌を丈夫に育てるピーリングも方法を間違えると、肌を弱らせてしまうので、注意が必要です。

 

まずこすり落とす方法はおすすめできません。これは非常に乱暴なことですし、必要な角質までも落とす危険があります。拭き取るタイプも同じことが言えますから、簡単にできるのですが、あまりおすすめできません。

 

そのためピーリングを行う場合、洗い流すタイプのものがおすすめです。使い方はそれぞれ異なるのですが、基本的には撫でるように伸ばし、決められた時間置いてから、こすらないように洗い流すようになっています。

 

 

おすすめの成分はフルーツ酸やAHA

 

 

この方法で行うと、「一気に古い角質が取れた!」という実感が起こりにくいのですが、鏡を見れば肌色が明るく変わっていることに気が付くでしょう。

 

毎週一回のピーリングを行っていけば、かなり肌の質感も変わります。内部組織であるコラーゲンも増えていくからです。

 

またこのお手入れを行った後のスキンケアは保湿を行ってから、が基本です。すると驚くほど、美容成分の効果が出てくれるのです。

 

このお手入れでおすすめの成分はフルーツ酸やAHAです。マイルドに落としたい方は乳酸も良いでしょう。今はいろいろな成分のものがあります。

 

丈夫な肌を育てるために毎週組み込んではいかがでしょうか。