肌を弱らせない生活習慣

 

丈夫な肌を育てるための生活習慣を実行するのであれば、夜更かしをやめることです。夜は基本的に人間は眠るようにできています。この眠っている時間に1日の中で無意識に受けてしまったダメージを回復させる仕組みが人間にはあるのです。

 

これは身体だけの問題ではなく、精神面もそうですし、肌も深く関係しています。つまり受けてしまったダメージは睡眠時間で回復されていると言っても過言ではありません。

 

睡眠時間を削ってまで何かをすれば、それだけしっぺ返しも大きいことは言うまでもなく、まず初めに肌にそのダメージは来てしまうのです。

 

睡眠時間は少なくても6時間確保しないと、肌は回復できず、本来の正常な生まれ変わりもできなくなってしまいます。その結果、肌がくすんだり、刺激に弱くなってしまうわけです。

 

肌を丈夫に育てるためには睡眠時間もおろそかにできません。

 

また夜のスキンケアは睡眠時間に効くようにできていることが多いものです。そのため眠っている時間こそが、自分で無意識に行っているエステタイムでもあります。

 

 

眠っている間に丈夫な肌を育てることができる

 

 

眠ることは体調や精神面の調整だけではないですし、また疲労回復のためだけでもないのです。眠ることはすべての回復を行うためにあると考えましょう。

 

眠っている間に丈夫な肌を育てることができるということをもっと自覚すべきです。なかなか寝付けないときは、肌にも良いハーブティーを飲みつつ、ぼんやりするといいですね。お気に入りのハーブティーを用意しつつ、ぼんやりと時間を浪費していけば、次第に眠気も出てきます。

 

本当に生活習慣としておすすめの就寝時間の設定は成長ホルモンが活発に分泌される夜10時から深夜2時ですが、難しいのが現代人です。そこで遅くても深夜12時には眠るようにしてみましょう。

 

生活習慣も夜型ではなく、朝型に切り替えてみてください。すると一か月ほどで、かなり肌が丈夫に育ってくれるはずです。