丈夫な肌のために必要な食材

 

「肌を美しくしたいから、野菜とフルーツだけを食べている」

 

あるいは

 

「ダイエットと美肌維持を兼ねて野菜だけのメニューにしている」

 

という方で、健やかな美肌という方はあまり見かけません。多くのこうした野菜信仰とも呼べる食習慣の方の肌の多くはしおれがちです。

 

その理由は食材の選び方が偏っていて、食べ方も肌どころか、身体を痛めつけるような形で食べているからです。

 

野菜が悪いのではなく、バランスを欠いているから、丈夫な肌、すなわち健やかな美肌にはなれないというわけです。

 

野菜やフルーツのような食材には肌を美しくするビタミン類やミネラル類が豊富です。しかしながらこれだけでは肌へ肝心な栄養が回らないのです。

 

ビタミンAやβカロチンは肌を健やかにしてくれますが、油溶性のビタミンなのでオイルを必要とします。そういう基本を知っておかなければ、肌を丈夫にはできません。

 

 

生で食べるのは少しだけにしておく

 

 

またたんぱく質は肌の材料になります。野菜だけでは丈夫な肌を育てるための材料が不足してしまいます。丈夫な肌を育てる食材は「これだけ」ではなく、まんべんなく栄養素を摂取することが基本です。

 

また食べ方も生でサラダにして食べると肌に一見良さそうですが、これも間違いです。生で食べると酵素が取り入れられて身体に良いように思えますが、実際には身体を冷やしてしまい、肌の血流も悪化させてしまうのです。

 

生で食べるのは少しだけにしておくほうが、実は身体には優しく、結果的には丈夫な肌を育てることになります。

 

つまり毎日、サラダを食べるよりも、きんぴらごぼうや煮物を食べるほうが効率よく、肌を丈夫にする栄養素は摂れるのです。

 

肌を考えた食材を選んでいても、食べ方を誤っていると、丈夫にならないということも頭に入れておきましょう。そして「この栄養だけ摂れば肌を丈夫に育てることができる」というのは間違いです。バランスよく食材を選びましょう。