危ない時期の肌はシンプルケアで

 

まだトラブルは起こっていないけれども、肌のコンディションが崩れそう。そんな予感がする時期がありますよね。

 

ニキビにはなっていないけれど、出来そうな予感。

 

乾燥してきたので、肌荒れが起こりそうな予感。

 

こんな風に肌の危ない時期を自分なりにとらえていることは多いものです。こんなときのスキンケアは悩みが多くなってしまいますよね。

 

こういう時期は丈夫な肌をキープさせつつ、トラブルを回避させるため、思い切ってシンプルケアにしてしまうと、トラブルを回避し、危ない時期を乗り切れます。

 

その方法の1つとしては、クレンジングはダブル洗顔の不要なものを使い、化粧水で肌を整えた後、保湿効果の高いクリームだけで済ませる方法です。

 

これでは簡単すぎるから、逆に不安になってしまうかもしれません。ところが危ない時期はあまりたくさんのステップをスキンケアで行わないほうが安全です。

 

 

睡眠時間を多くしたほうが得策

 

 

敏感肌向け基礎化粧品をあらかじめ用意しておくことも、危ない時期を乗り切るコツの1つですが、その場合でも出来るだけシンプルケアで留めておくほうが肌が疲れません。

 

もっといえば乾燥しやすい部分にだけクリームを少しだけ使って、早目に就寝してしまうほうが、高価な美容液以上に肌を回復させてくれるのです。

 

丈夫な肌を育てるのであれば、あえてシンプルに済ませるという勇気も必要なのです。丈夫な肌を育てるためにはステップをたくさん行うことが不要な時期もあると認識しましょう。危ない時期こそ、上手に乗り切るべきです。

 

丈夫な肌であればトラブルを回避できますが、まだ育てる時期の際には少しだけ注意も必要なのです。その時期に危険な肌コンディションなら、思い切ってシンプルにお手入れを済ませ、睡眠時間を多くしたほうが得策です。