丈夫な肌に必要なのは水分を貯える力

 

うるおいのある肌は美しいですし、健やかさをキープさせることも得意な肌です。このような肌は丈夫でもあります。

 

この丈夫さを支えているうるおいは水分と考えてもいいでしょう。いうなれば肌が水分を貯える力があってこそ、肌は刺激に負けないように力を付けていくことができるわけです。

 

といっても、具体的に水分を貯える、というのは、どういうことなのか、と考えてしまう方も多いでしょう。

 

肌の奥にある真皮の部分のうるおいの源になるヒアルロン酸、弾力性も支えるコラーゲンが多いことも、正しいのですが、肌の表面である表皮にも水分はなければなりません。その表皮でうるおいとして水分を貯えている、いわゆる貯えているうるおいはセラミドです。

 

表皮はレンガのように重なっていて、その隙間にセラミドが貯えられ、うるおいは成り立っています。ですからセラミドが豊富であればあるほど、肌は丈夫ですし、素k歩や下でいられるわけです。

 

このセラミドは表皮の角質層の水分の80%以上を占めている重要な成分です。ですから保湿はセラミドを配合した基礎化粧品を使用するだけでも、肌が水分を貯える力はかなり回復し、しっとりとしていながら、丈夫な肌に育っていくのです。

 

 

セラミドが含まれている美容液

 

 

セラミドの多い肌はいうなれば、丈夫な肌で健やかな肌であり、しかも美しいのです。

 

例を挙げれば、赤ちゃんの肌にはセラミドが多く、そのためプリプリとみずみずしいというわけです。

 

ですから赤ちゃん肌を目指したい、そのうえ自分の肌を丈夫に育てたいとお考えであれば、おすすめの美容成分はセラミドです。

 

セラミドは水溶性ではないので、美容液などに配合されていると、より効果が出てくれます。

 

注意したいのは、セラミド1、2、3という名前で成分表示があるものです。また化粧品の成分としては高価なので、セラミドが含まれている美容液はおおよそ3000円ほどのものが確かだと言えます。