弱っている肌のケア

 

こんな経験はないでしょうか。

 

洗顔した後、化粧水を付けてみたら、しみてしまう。

 

こんな肌は要注意です。

 

肌が弱っているサインだからです。

 

本来、肌には保護膜のようにバリア機能があり、化粧水は刺激にならないようになっています。それに今の化粧水は刺激を弱く、保湿をしっかり、となるように作られているので、肌に染みてしまうことはないはずなのです。

 

そんな化粧水がしみるほど肌が弱っている場合、丈夫な肌に戻すように育てることをやり直す必要が出てきます。

 

こんな風に弱ってしまった肌をどう立て直し、丈夫に育てていくのか、といえば、まず化粧水で刺激を感じているので、化粧水を使用しないことです。そしてコットンを使うのではなく、手のひらで基礎化粧品を使いましょう。

 

 

保湿用の白色ワセリンを使う

 

 

今、使用している基礎化粧品を受けつけなくなってしまうほど、肌が弱っている場合、薬局やドラッグストアで販売されている保湿用の白色ワセリンを使うこともおすすめの方法です。

 

白色ワセリンはもともと皮膚科などの処方薬品の軟膏に使うものですから、肌への刺激はかなり低く、保湿よりも保護効果が高いので、肌が丈夫になるように回復するまでサポートしてくれます。また白色ワセリンで肌が悪いほうに反応することがありませんから安全性も高いのです。

 

荒れている部分が酷いときには白色ワセリンを塗ってから、その部分をラップで包んでしばらくパックするとかなり肌荒れは落ち着きます。

 

いうなれば化粧水がしみるほどトラブルがあるときは、水分のケアよりも油分で保護し、育てるお手入れのほうが効果的ですし、刺激もありません。

 

こういう時期は美容成分に頼るより、シンプルに保護効果の高いもので、弱っている肌の回復を待ちながら丈夫に育てるほうが得策です。